読書する感じの猫

  • 2017 .10 .12  小鉄 2年 の出来事
  • ツイート
  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 猫ブログ ブリティッシュショートヘアへ
買ったところ amazonさん
amazonで購入
角田 光代 (著) 私のなかの彼女
買ったお値段 680円
お気に入り数 ★★★★★

スポンサードリンク

本を読む猫

こちら、家にやってきたばかりの小鉄さん(3ヶ月)
ソファに乗るだけでやっとの子猫

 

同居人Aが置きっぱなしにしていた本に精一杯足を伸ばし…何してんの?

あれ?そういえば、先日も本を読んでませんでした?

(参照:私的オススメ本! 角田光代さん(著) 今日も一日きみを見てた

 

でもね小鉄さん、同居人Aが読むその本は

凶悪・オカルト殺人犯 VS 警察組織

という構図だけど大丈夫? 怖くない?

 

 

それに、警察組織というものが理解できないと難しいよ
「巡査部長」と「警部補」どちらが上の階級かわかってないと
あれあれ? ってなっちゃうよ?

 

 

ところで私、同居人Bは、「今日も一日きみを見てた」を読んでから

 

読む本を角田さんの小説にシフトしてます

角田光代 私のなかの彼女

今はこれ「私のなかの彼女」

こういうの…好き

 

小説って、ホント好みがあるね
ストーリーは勿論、描写や時代背景、言葉使いなどなど…

 

スルリと読めるのに、読み終えるのが惜しい気持ちになる小説って

得した気分になる

 

 

反対に、しつっこい内容をダラダラと、ラストまで読まされた時は

 

「馬鹿にしてんのかーい!」って悪態ついて窓から捨ててやろうかとおもう

 

人格の負の部分が剥き出しになる

スポンサードリンク