私的オススメ本! 角田光代さん(著) 今日も一日きみを見てた

  • 2017 .09 .01  小鉄 2年 の出来事
  • ツイート
  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 猫ブログ ブリティッシュショートヘアへ
買ったところ amazonさん
amazonで購入
今日も一日きみを見てた (角川文庫) 角田 光代 (著)
買ったお値段 562円
お気に入り数 ★★★★★(感動!)

スポンサードリンク

読書する猫

コーヒーを淹れに行くと衝撃的な光景を目にしました!

 

なんと、猫が本を読んでいるのです
…といっても上下逆さですけどね

 

因みに小鉄先生が読んでいる本は
「22年目の告白-私が殺人犯です」(浜口 倫太郎さん)です

 

なかなか面白かったです

 

本当に面白かったのですが、あっさりとした感想で終わらせるのには訳がありまして

 

前から気になってました
角田光代さんの著書「今日も一日きみを見てた」
強く印象に残こり、心がざわついたのです

 

ハードカバー(単行本)で発売されていたのは知っていましたが
ケチなのと、ハズした時にストレスを受ける方なので
文庫本が出るまで待ってました(スミマセン)

角田 光代「今日も一日きみを見てた」

こちら、初めて猫を迎えた角田さん(作家)とトトちゃん(アメショー)の日々を綴ったエッセーです

 

…と、こう、私の幼稚極まりない文章で要約してしまうと
大変陳腐に聞こえてしまうのが、なんとも口惜しい

 

角田さんの心情を文章に変換される描写が感動的過ぎて
「角田さんは、私じゃないのか?」って錯覚してしまう程

 

感じているが、文章に出来ず悶々としている事が
全部!本当に全部、詰まってました

 

まさに、こう言いたかったのです!

 

気色悪いぐらい、声に出して笑ったり、ニヤニヤしたり
最後、トトちゃんと暮らす事で、角田さん自身に起こった内面の変化に
泣けてくるのです

 

自分以外の、言葉を持たない自分より非力な生きものの
いのちの心配をし排泄の世話をし…

(文章の一部を抜粋させていただきました)

 

ふと、初めて「こてつ」と呼んだ日の事を思い出しました

スポンサードリンク